蜑阪∈
谺。縺ク

大事なことは裏に印が入っていること

どの有名産地で製造された和食器でも、食器買取では需要があります。
もちろん、人間国宝作陶のものは骨董価値の方が高いようですが、有名窯製の器は木箱入りで価値が付帯します。
また、和食器のみならず、日本には世界最大級の高級陶磁器ブランドが世界のコレクターから人気を集めています。
例えば、創業明治37年という古さ、アンティーク価値があります。
ハンドメイドでの絵付けの繊細さ、緻密で多彩な細工などは、西洋アンティークとして絶大な人気です。
食器買取店では、手軽なアプリから査定が期待できます。
その際には画像添付が必要、大事なのは刻印にあります。
本物には必ずサインなり刻印があります。
それぞれブランドによって、用途や販売先、製造年代などで裏印は様々です。
例えば、アンティーク価値が高いのが、通称マルキ印と呼ばれる印であったり、メープルリーフや日本を象徴する桜など、面白い印がコレクターから支持されていますから、そうした印がある食器を査定に出しましょう。

Page Top